おすすめコンタクトレンズ

コスパがよいワンデーアキュビュートゥルーアイの最安値情報

TruEyeを使ってみた体験談

私が約10年間愛用し続けているジョンソンエンドジョンソン社の「ワンデーアキュビュートゥルーアイ」について、製品性能面や最安値通販価格、口コミ情報などをご紹介します。この製品はネットで購入できるコンタクトレンズでは中価格帯に位置しておりますが、製品の酸素透過率(酸素を瞳に通す量)が高いため、性能×料金ではコスパがよく、高価格帯の製品に手が届かない方には非常におススメです。10年以上も使用していますが、目の疲れや乾燥などは全く問題なく使用できています!

ワンデーアキュビュートゥルーアイの最安値情報

90枚パックで買うのがお得!

90枚パックは1箱ずつ買うよりも安くなります。現在の最安値は以下になります。

凡例:製品+送料込の最安値(2021年7月調査)

サイト名 90枚(1箱)価格 送料
アットレンズ 7,188円 無料
Amazon 7,540円 無料
レンズモード 8,325円 900円
レンズアップル 6,900円 550円
レンズクイック 6,722円 540円
アットネット 6,990円 600円
Lenszero 9,225円 無料

お得な90枚1箱の商品を購入する場合は、アットレンズさんが最も安くなりました。

1箱×4箱の最安値は?

凡例:製品+送料込の最安値(2021年7月調査)

サイト名 120枚(4箱)価格 送料
レンズクイック 9,744円 600円
Lenszero 12,860円 無料
レンズモード 11,100円 1,200円
アットネット 9,920円 600円
レンズアップル 10,320円 550円
ベストレンズ 13,380円 無料
アットレンズ 11,672円 無料

4箱で購入する場合は、レンズクイックさんが最も安くなりました。

ワンデーアキュビュートゥルーアイのメリット

酸素透過率と価格の分布を調べたところ、この製品は調度真ん中あたりに位置しており、価格が高すぎず、性能がよいことがわかります。非常にバランスがよい製品ですね。

ワンデーアキュビュートゥルーアイはここがすごい!

  1. 中価格帯で性能よし!酸素透過率は118
  2. 含水率が46%なので程よい潤いレンズ
  3. ネットでも処方箋なしで購入可能、取り扱っているサイトも多い
  4. UVカット機能付きなので屋外で効果を発揮

1.中価格帯で性能よし!酸素透過率は118

酸素透過率(酸素を通す量)が高いと、目に優しいとされています。目も酸素を必要としているのです。酸素透過率は、目の健康維持に役立つためコンタクトレンズ選びでは非常に重要なポイントです。でも高い製品には手が届かないため、安かろう悪かろうの製品を長年使っていると、費用は安く抑えられますが、目の健康が心配になりますよね?そんな方には、少しだけ費用を上げて比較的高性能なワンデーアキュビュートゥルーアイが適していると思います。酸素透過率は118で酸素透過係数も100となり、現在市場に出回っているコンタクトレンズの中ではハイスペックの部類に入る製品となります。

酸素透過率と最安値価格の分布図

価格と性能のトゥルーアイ分布図
No 製品名 酸素透過率 1箱最安値
1 デイリーズトータルワン 156 2,600円
2 ワンデーオアシス 121 2,400円
3 ワンデートゥルーアイ 118 1,790円
4 マイディ 100 2,630円
5 ワンデーモイスト 33.3 1,660円
6 プロクリアワンデー 22.8 1,600円
7 メダリスト 22 1,380円

※価格は1箱(30枚)、2020年8月時点

4位以上の中~高価格製品と5位以下の低価格製品との間では、酸素透過率の差が非常に開いています。酸素透過率を重視して見た際に、この中ではワンデーアキュビュートゥルーアイが性能×価格のバランスで優れているのがわかりますね。

2.含水率が46%なのでほどよい潤いレンズ

含水率(レンズが含む水分量)が多いと、やわらかいレンズとなります。しかしあまり多すぎると目の涙をレンズが吸収して結果として乾きやすいレンズになってしまいます。このワンデーアキュビュートゥルーアイの含水率は46%なので、各製品の中では調度真ん中の程よい潤い感になります。

No 製品名 酸素透過率 含水率
1 デイリーズトータルワン 156 33%
2 ワンデーオアシス 121 38%
3 ワンデートゥルーアイ 118 46%
4 マイディ 100 54%
5 ワンデーモイスト 33.3 58%
6 プロクリアワンデー 22.8 60%
7 メダリスト 22 59%

3.ネットでも処方箋なしで購入可能、取り扱うサイトも多い

ジョンソンエンドジョンソン社のワンデーアキュビュートゥルーアイは、ほとんどの通販サイトで取り扱っている人気商品です。また処方箋なしでも問題なく購入できますが、最近ジョンソンエンドジョンソン社の製品を購入する際に処方箋を添付すると安くなるというサイトが少しずつ増え始めました。メーカー企業として消費者の目の安全を気にされている点で信頼できるメーカーだと思います。

4.UVカット機能付きなので屋外では特にメリットが高い

UVカット機能が付いています。同社の他のワンデーアキュビュー製品はすべてUV機能が付いており、このトゥルーアイは、9割以上の紫外線をカットしてくれます。

ワンデーアキュビュートゥルーアイのデメリット

他の製品に比べてパッケージを開ける際に、中のレンズが勢いよく飛び出してしまう体験を何度かしました。。。原因はプラスチックのレンズパッケージのカバーを開ける際に、最後まで剥がれしまいがちで、剥がした際の反動で中のレンズや液体が飛び出てしまうのです。できればすべて剥がれる前にストッパーのような工夫が施されているとありがたいですね。

ワンデーアキュビュートゥルーアイの製品スペック

含水率 46%
酸素透過率(Dk/L値) 118
ベースカーブ(BC) 9.0mm / 8.5mmの2種
直径 14.2mm
紫外線吸収率(UVカット) 紫外線B波を約99%、A波を約96%カット
近視用 ○ あり
遠視用 ○ あり
乱視用 × なし
遠近両用 × なし
製造メーカー ジョンソンエンドジョンソン
日本発売開始
2010年4月

製品パッケージの度数表示写真

ワンデーアキュビュートゥルーアイのスペック記載写真

ワンデーアキュビュートゥルーアイの口コミ・評判

やはり人気の製品だけあって、ネット上ではたくさんの高評価コメントが見つかりました。

実際につけてみた体験談

1. レンズの着けやすさ

ワンデーアキュビュートゥルーアイのレンズ写真

レンズの着けやすさについては、まったく問題なかったです。レンズに薄く青い着色がされているので、洗面所で落としてもすぐに見つけられました。

2. 装用感(つけ心地)

約4年間、毎日朝から夜遅くまで10時間以上装用し続けましたが、特に目の異常は感じませんでした。本当に目になじんでいたと思います。

3. レンズの外し易さ

目の中で摘んで外すにはまったく問題ありませんでした。

ワンデーアキュビュートゥルーアイ費用の年間予測

ワンデーアキュビュートゥルーアイは、1Day使い捨てコンタクトレンズの中では比較的中ぐらいの価格帯です。とくにこだわりがなく、あまり安さにこだわらない方には、無難な製品だと言えます。

ショップ種別 1箱価格 年間コスト24箱分
オアシス 2,490円 59,760円
トゥルーアイ 1,790
42,960円
モイスト 1,660円 39,840円

高スペックのオアシスとトゥルーアイ間の差は1年で約9,600円、10年使用した場合は9.6万円になります。オアシスはトゥルーアイと酸素透過率ではさほど差がないですが、含水率33%とトゥルーアイの48%より目が乾きにくいレンズになります。目の乾燥にお悩みの方はオアシスを選ぶメリットがありますが、特に乾燥に悩まれていない方は、酸素透過率で差がないトゥルーアイの方が費用を安く抑えられるのでおススメできます。

まとめ

各製品の中で私が最も愛用していたトゥルーアイの魅力は、やっぱりコスパの良さになります。やっぱり目の健康を考えて酸素透過率にはこだわりたいので、高すぎずスペックがよい製品として個人的には断然おススメできます。私は現在高スペック製品のデイリーズトータルワンとこのトゥルーアイを使い分けています。長時間目を酷使する時期はデイリーズトータルワンを使用し、仕事が繁忙期でない時期や週末などのゆるい日はやや安価なトゥルーアイを併用するといった具合です。皆さんも各製品の価格とスペックをよく理解して、是非納得のいくコンタクトレンズ製品選びを試してみてはいかがでしょうか?